雲見オートキャンプ場

雲見-1

行った日
2016年10月

10月後半にどうしてもキャンプに行きたいと思った私は、寒さを気にする奥さんのリクエストに応え①電源有、②お風呂がある、③緯度が低い、④標高が高くないの条件でネット検索、ヒットしたのが雲見オートキャンプ場。ファミキャンを初めて6年目であるが、初の伊豆方面である。

アプローチは国道136号線。新東名を長泉沼津ICで下りて自動車専用道を進む。雲見温泉のちょっとした宿街が途切れて上り坂となる手前の側道を入る。キャンプ場の看板が右側の空き地内にありちょっと分かりにくい。すれ違うのが厳しい道を進むとまず雲見夕日と潮騒の岬ACが右側にあり、そこを過ぎると左に大きくカーブし登り坂となる。相変わらず狭い道をうねうねと登ると、サイトが目の前に出てくる。そこを見ない振りをしてもう少し進むと管理棟がある。ここまで来てキャンプ場の風景が開ける。
雲見-A
その佇まいをひと目見て、「あ、ここ、いいキャンプ場」と夫婦の意見が合致した。こじんまりとしつつ、風景が整っている。嫌な感じの人工的さ、ちょっと勘弁的なワイルド感の双方から距離がある感じ。ってうまく表現できている気がしないけど、見ただけで居心地の良さが期待できたのだ。

キャンプ場は4つのエリアに分かれており、入り口にあるのがDサイト。眺めはいいが、道沿いなので見世物状態になる。
雲見-D
逆に一番奥にあるのはCサイトで、一区画が狭目。バイクキャンパーたちグルキャンをしていた。たぶん普段もそんな感じで使われてそうだった。
Cサイトに行く道を挟んで上の段にあるのがBサイトで、ここはログケビンのみ。道の下、管理棟の眼下にあるのがメインのAサイトで、今回はここに張らせてもらった。
雲見-3
HPによるとサイトの広さは8×8mとあるが、実際にはもっと広かった。サイト数もHPに書いてあるより少なく、区画を引き直したのだろうか。サイトは高さ150cmほどの垣根で区切られ、プライベートが保たれている。欲を言えば崖側の垣根がもう少し低ければ、椅子に座りながら海を愛でられるのだが、安全面を考えるとこちらの方が良いのだろう。ちなみに地面はスコーリア(火山礫)というものが敷き詰められており、水はけが良くテントも汚れなかった。

全体的にこじんまりしていることもあり、静かでのんびりした時間を過ごせた。時たま強風にあおられてタープが飛ばされるのには閉口したが、冷たい風ではないのでカラダ的にはつらくはない。それも含め、心配された寒さは日が暮れても気温が大きく下がることは無く、ホットカーペットのおかげで快適に眠れた。さすが伊豆、である。
おかげで朝も早起きが出来て、のんびりと朝ごはんの仕度をしながら、まったりとした時間を過ごせた。

さすがにこれで今年のキャンプは終了。12回16泊のテント泊で我が家のシーズン記録を更新した。記録のためにむきになっていた気もするが、最後にいいキャンプが出来ていい締めくくりとなった。

雲見-2

地面:スコーリア(火山礫)というものが敷き詰められており、水はけは良い。ただし歩くとじゃりじゃり音がして、明け方に他のキャンパーの足音が気になってしまった。ペグは刺さりやすく抜けやすいのでソリステはきつい(風も強いし)。一方で場所によってある所から固くなる。そういった場所はソリステがいい。
アクティビティ:景色を眺めるのと、あとハイキングコースがあるらしいが今回は行っていない。
トイレ:ゆったりとした作りできれい。すべて洋式水洗。入り口が男女子共通でトイレ感がなく、「あれ、シャワールームか?」と勘違いしてしまう(中はちゃんと分かれてます)。
水場:きれい。
ゴミ:分別して捨てられる。
お風呂、シャワー:無料お風呂あり、今回は16時~22時で入り放題(タイミングによって違うらしい)。ただし体を洗う場合はコインシャワーを利用しなければならない。コインシャワーは浴室内と、別途コインシャワー等がある。多分きれいで使いやすい。
雲見-風呂
バンガロー:あり
グルキャン:OK。
東京からのアプローチ:新東名 長泉沼津ICから伊豆縦貫道路とか伊豆中央道とか国道136号線をひたすら2時間進むとたどり着く。
買い物: 手前の松崎(キャンプ場まで30分弱)にスーパーがいくつかある。今回はマックスバリュに行ったが、136号沿いの地場スーパー「フードストアあおき西伊豆店」が予想に反して大きかったし、あと僕は見逃したが「スーパーサンフレッシュ」は看板に「ないものはない」と書いてあったらしく、こちらも気になった。
良いところ:人工的なものをさほど感じさせないが、高規格なところ。設備も整っていてかつキレイだし、キャンプ場全体が、
おしいところ:風が強い。今回タープのポールが1本折れた。

雲見-4

http://www2.wbs.ne.jp/~kumo-ac/

スポンサーサイト

アプトいちしろキャンプ場

アプトいちしろ1

行った日
2016年7月

子どもが育ってくると、キャンプ場選びも変わってくる。つまりは小学生になると明確なアクティビティがないと退屈する。
ということで7月の3連休、《鉄キャンプ》をテーマに選んだのが「アプトいちしろキャンプ場」。大井川鐵道井川線の駅名にちなんだこのキャンプ場から、日本唯一のアプト式鉄道が急坂を上っていくのが見える。
またクルマで大井川沿いに20分ほど下れば本線の終点、千頭駅にたどり着き、時間さえあえばSLもリアルトーマスも見物できる。
アプトいちしろ4アプトいちしろ5

キャンプ場は2013年にリニューアルされたとのこと、設備はいちいちきれいだ。特に奥さんのトイレの評価が高く、これまでの中でトップクラスとの感想。またシャワーはシャワールームと脱衣場がきっちり分かれている。キャンプ場にありがちな「床がべしゃべしゃで服がぬれないように気をつけながら着替える」などということがない。
サイトもきちんと整備されていてじめじめ感もない。あまりキャンプ慣れしていない人でも過ごしやすいかもしれない。そのくせどっぷり秘境で、非日常感は十分である。井川線のレールも風景の中に馴染んでおり、見ているだけで酒の肴になる。

アプトいちしろ8

ところで井川線というのは、すぐ近くに見える長島ダムの建設で水没する線路に変わって1990年に新線が敷かれた。で、その旧線は崖の下にあるこのキャンプ場の一部を走っていたらしい。キャンプ場の両端に上り方面、下り方面の2つのトンネルが残っており、どちらも歩いて通り抜けられる。そのうちの一つ、アプトいちしろ駅へ通じる《ミステリートンネル》は全長375m。
アプトいちしろ9
出口手前で左に曲がっているので光は入ってこず、本当に真っ暗である。本当の暗闇を知らない都会っ子たちは、僕の背中にしがみつきながら、ビビりながら歩いていた。途中にちょっとした仕掛けもあり、これだけで立派なアクティビティである。
で、井川線は実際に乗ってみると語ることがありすぎる。秘境を行く風景と鉄道自体の味あいは、鉄ちゃんじゃなくても十分楽しめる。ダム湖の周りに旧線のあとが見え隠れするのも、好きな人にはたまらない風景だと思う。
アプトいちしろ3

キャンプ場に戻ってからはまったりタイム。ビール飲んで昼寝して、でも暑さで目が覚めて涼を求めてトンネルへ。今度はもう一つの方に行ったが、こちらは短く、出口がすぐ見える。ここを抜けてもう少し歩くと長島ダムに出てくる。残念ながら飛沫橋でしぶきは浴びれなかったが、散策だけでも楽しめる。目の前はダム湖で、ここでゴムボートを浮かべたり釣りも出来る。とにかくアクティビティが多く少なくとも2泊3日で来たいキャンプ場だ。

アプトいちしろ2

アクティビティ:アプト式鉄道、トンネル探検、長島ダムへの散策など。車で出かけるのであれば釣り橋や千頭駅でのSL見学、接岨湖ではカヌーも出来る。
トイレ:階段ウォシュレット付きで清潔度◎。
水場:清潔度○。
ゴミ:捨てらない(灰のみ可)。
お風呂、シャワー:コインシャワーあり、きれいで脱衣場がべつになっていて使いやすい。
バンガロー:なし
グルキャン:制限はない。
東京からのアプローチ:新東名静岡スマートICから国道362号線で行くのが一番近いが、国道とは名ばかりで、途中からすごい山道になり、1~1.5車線のところも少なくない。今回は行かなかったが、島田金谷ICから大井川を遡上するほうがまだましとの噂がある。
買い物:千頭にも一応お店があるが、さほど大きくない(行かなかったので詳細は不明)。新東名のIC近辺で買っていくのが無難。静岡スマートICであればマム羽鳥店と、その先に24時間営業のマックスバリュがある。
良いところ:場内からアプト式鉄道が見えるところ。秘境感たっぷりな風景。それなのに整備されたきれいな場内。
おしいところ:サイトは決して広くない。普通サイズのテントとタープを張っていっぱいいっぱいか。また木陰がなくて、日差しが強いとつらい。

アプトいちしろ7

http://www.nexyzbb.ne.jp/~kanbosako2177/


新富士オートキャンプ場

新富士-1

新富士オートキャンプ場
行った日
2016年5月

今年早くも3回目のキャンプを決行。今回は「手抜き」をテーマに、大人がゆっくりするキャンプを敢行すべく、新富士オートキャンプ場へ。富士山が見えたらいいな、と思っていたが、生憎の曇り空。そもそも見える我々が張った場所からは見ることが出来なかったようで、富士山周辺4回目にして、いまだキャンプ場内から拝むことは叶えられていない。実はさほどやる気がないのかもしれない。
という眺めのよさは他の有名キャンプ場に譲るとして、こちらの特筆すべきはおもてなし力。ウェルカムフルーツ、夕食前の炊き込みご飯、翌朝の焼き芋と、3回も差し入れをいただいたし、管理棟の横には屋根付きのファイアーサークルがあって、子どもは焼きマシュマロ、大人は竹酒が自由に楽しめる。
新富士-差し入れ

そしてお風呂。無料で時間内なら難解も入り放題に惹かれた。普段は男女別なのだが、お客さんがあまりいないときは、片方のみ沸かして交替貸し切り制にしていた(このときは全部で6組だった)。残念ながら露天風呂には入れなかったが、家族4人で広いお風呂を独占できたのは良かった。ちなみに露天風呂は1つで、男女それぞれから入れるようになっていて、つまりは混浴だが、女子は入りにくいだろうな、、、
あと予約時に電話で8時から入れると言われたのも嬉しかった。結局は11時インだったが。
管理棟横のトイレは新しくて、かつきちんと清掃もされていた。水場ではお湯(熱湯!)が出るのも嬉しい。

新富士-2

ちなみにこの時期だと子どもたちのアクティビティが少なく、自分たちで遊び道具を持っていかないと煮詰まってしまうかも。今回は他のご家族の物怖じしないお子さんが我が家の息子どもに積極的に絡んでくれたので、そうはならずに済んだのだが。

買い出しは今回は高速のSAで済ますという荒業を行った。新東名の駿河湾沼津SAはとても素敵なところで、海産物や地場の野菜が豊富に揃っている上に、焼きたてのパンを売るベーカリーもある。米は地元の銘柄米が売っている。ちょっと高目かもしれないが、その分いい物を買える。
今回は生しらすと生桜えびを買って、夜に駿河湾丼(勝手に命名)にした。火を使わなくて済み、とても美味しかった。
新富士夕飯-2

アクティビティ: HPによると7月に流しそうめんや魚つかみ取りをやらせてもらえるようだが、今回は水遊び場に水も張っていなかった。
トイレ:管理棟横は洋式×4、一つはウォシュレットつき。清潔度○。
水場:清潔度○、お湯も出る(ただし熱湯)。
ゴミ:分別して捨てられる。
お風呂、シャワー:お風呂あり。通常は男女別に浴室があるが、我々が行ったときは全部で6組しかいなかったので、片方のみにお湯を入れて借り切り風呂として使っていた。露天風呂もあるが(今回はそちらにもお湯は溜められなかった)、混浴のようで、つまりは 男のみが入れると思ったほうがいい。あとここで買う薪はちょっとマイルドに廃材っぽくもあるのだが、ホームセンターで買うもののように針金で縛ってあるのではなく、袋に入っていて量が2倍ほどと、おトクである。
バンガロー:あり
グルキャン:制限はない。
東京からのアプローチ:2時間半。西富士道路経由で行くのが王道かもしれないが、時間によって渋滞する。県道72号線を使えば、途中1箇所だけ道が狭くなるものの、車通りも少なく快適なドライブを楽しみながらたどり着ける。
買い物:西富士道路を経由する場合は富士宮市街にスーパーがいくつかあり、県道72号でのアプローチならポテトなるスーパーがある。ちにみに先上でも書いたが、新東名の駿河湾沼津SAでも充分買い物は可能。

駿河湾沼津SA

アーリーチェックイン:可能。
良いところ:おじさんが優しい。あとファイアーサークルは屋根つきでよいかも。長居はちょっとしにくかったが。
おしいところ:サイトが狭い。今回は空いていたので贅沢に使わせてもらったが、混んでいる時期はグルキャンでないとタープが張れないかもしれない。あとは管理棟近辺以外が、若干ワイルドだった。

新富士-4

http://www3.tokai.or.jp/shinfuji/

猪の頭オートキャンプ場

猪の頭-通路

行った日
2015年8月

朝霧高原にありながら富士山が見えないキャンプ場。というのも含め、ここは「語ることが多い」キャンプ場であると思う。
富士宮方面からは国道139号の田貫湖近辺を過ぎたあたりで富士山に背を向けるように左折し、集落の中を看板に従いうねうね進むと、急に林間に入り、薄暗く道幅も車がすれ違えないほど狭くなる。どきどきわくわくしながら5分程度でキャンプ場に到着という演出は、非日常感を感じるには悪くない。
しかしながら場内の通路は、車2台が余裕ですれ違うことができるほど広々としている。これがこのキャンプ場のストロングポイントの一つだと思う。キャンプ場を散策すると規模に比べ全体が広々と感じる。サイトは狭いが混んでいる時期でも難民キャンプ状態にならない(と思う)。まっすぐに伸びた木々の間から空を感じられる。林間サイトなのに開放感がある。子どもが走り回れる。こういった長所を、通路の広さが生み出している。

猪の頭-サイト

テントとタープを張ったらいっぱいいっぱいという狭さ(車はサイト内には入れず通路に横付け)は一家族だと設営に苦労するかもしれないが、3家族ぐらいのグルキャンなら工夫して解決できるのではないか。場所によってはサイトを木で区切ってプライベートを保つ作りが裏目に出る感があるが、グルキャン用のサイトもあるのでそちらを指定すればいい。ちなみに今回は4グループで行って、1グループが借りたバンガロー前にタープを張った。雨キャンプは誰かにバンガローを借りてもらうと、いろいろ楽でよい。

それから川遊びも含め、アクティビティも充実。流しそうめん、釣り掘り、そして魚のつかみ取りは、既に池に泳いでいる魚を捕まえた分だけお金を払えばいいというシステム。実はキャンプ場ではなかなかないパターンだ。
設備だが、水回りはきれいでお湯も出る、トイレはウォシュレット付きで、個室の上に網を張って虫が入ってこない工夫をしている。電源もあればお風呂もあるという中々な高規格。
で、ユニークなのはお風呂のシステム。お風呂自体は無料だが、洗い場のシャワーがコイン式で、浴室内に「体を洗ってから湯船に入れ」「浴槽のお湯を汲み出して使うのは禁止」としつこいくらい書いてあり*、結局有料。100円持って浴室に入り、2分間をうまく使って体を洗う必要がある。でもお湯は気持ちよかったし、コインシャワー式もそんなに苦ではなく、むしろカランがすぐ空いて良かった。
*文言はこの通りではなく、もう少し丁寧だったと思います。

猪の頭1

アクティビティ:川、ただし場内の奥のほうに行かねばならず、ちょっと不便。他には流しそうめん、それから魚のつかみ取りは、専用の池で好きなときに出来て、1匹250円で。僕らが使ったサイトには遊ぶには不便な小川が流れているのみ。小さい子供用の遊具もところどころにあり
地面:土。水はけがいいとの噂だったが、今回はそれはあまり感じられなかった。
トイレ:洋式、ウォシュレットつき、清潔度 ○
水場:清潔度○。お湯も出る。
ゴミ:捨てられる
お風呂、シャワー:無料の露天風呂あり、ただし洗い場のシャワーは有料で2分100円。
バンガロー:あり
グルキャン:制限はない。
東京からのアプローチ:2時間半。最後のアプローチで、道幅が急に狭くなるので要注意。
買い物:新富士ICを降りてマックスバリュ富士宮宮原店などいくつかある。そこからキャンプ場まで30分かからない程度。
良いところ:通路が広い。設備が充実。アクティビティも良い。
おしいところ:サイトが狭い。場所によってタープを立てられないかも。

流しそうめん

http://inokashira.ac/


富士オートキャンプ場ふもと村

ふもと村1

行った日
2014年8月

木々で区画されたサイトは、150㎡ととても広いだけでなく、プライベート感も保たれている。標高が高いこともあり、きっと真夏でも涼しい。林間サイトなので強風の影響もない(きっと)。共有施設はシャワーやコインランドリーなど充実しているだけでなく、外観がおしゃれ。うん、いいキャンプ場だ。川もあり、ちょっとした沢登りもできる。今回は次男坊がプチ沢登りに挑戦、楽しかった。
ところでここ、名前に関わらず場内から富士山が見えない。一方で手前のキャンプ場「ふもとっぱら」はその迫力ある姿がどーんと見えることで有名。今回は雲に隠れていたから良かった(?)ものの、晴れた日にはふもとっぱらに落ち着いちゃって、奥にある「ふもと村」まではたどり着けないかもしれない。

ふもと村3

アクティビティ:川(沢)およびハイキングコースあり
地面:砂利、やや硬め
トイレ:洋式あり、清潔度 ○
水場:調理場と洗面場が分かれており、どちらも屋根付き、結構広い。清潔度○
ゴミ:捨てられる
お風呂、シャワー:シャワー有り
バンガロー:あり
グルキャン:出来る。なんなら団体も可のようだ
東京からのアプローチ:2時間半。高速を降りてからちょっと思ったより距離があったかな。最後のアプローチはふもとっぱらを手前から半周するような感じで入り口にたどり着く。
プライベート感:サイトが広いの大丈夫

良いところ:自然度が高い一方で施設が立派。満足度は高いキャンプ場だと思う。

おしいところ:ここまで来てサイトから富士山が見えない!!

http://www.fumotomura.co.jp/

ふもと村2
プチ沢登りの終点の滝。こんなチビでもサポートしてあげて30分くらいでたどり着く。

プロフィール

キャンプ好きのおやじ

Author:キャンプ好きのおやじ
ファミキャンで、年に10泊程度しています。

最新記事
カテゴリ
訪問者
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR