軽井沢ACクリオフィールド

クリオフィールド-6

行った日
2017年10月

10月の3連休は毎年子どもの運動会などで一日つぶれていたのだが、今年は何もない。3連休以上の休みで一番シーズンにキャンプに行かない手はないと、いそいそと出かけた。ほぼ2ヶ月ぶりの幕営。シーズンオフ以外でこんなに期間が開いたのは記憶にないな。
で、向かった先は「軽井沢オートキャンプ場クリオフィールド」、2回目の北軽井沢である。10月の1000m越えということで寒さを心配したが、雨が降った初日の夜こそ冷えたものの後は過ごしやすく、2日目はホットカーペットがいらなかったかも。

クリオフィールド-7

ところで近辺の超有名キャンプ場のせいか、北軽井沢=高規格のイメージがあり、こちらもご多分に漏れず、である。施設がいちいちきれいで、特筆すべきはトイレ。建物に入って手洗いゾーン(結構広い)に入るときに靴を脱ぎ、その先の用足しゾーンでサンダルを履く。個室に入るときに履き替えるのは見たことがあったが、このパターンは初めてだ。清掃も行き届いていたし、気持ちよく利用することができた。

クリオフィールド-3

一方サイトは良い意味で整えすぎていない。木の高さもちょうどよく、林の中にいるんだな、というのが感じられる。プライベート感はない我が家はその点はさほど重視しておらず、むしろ作り物感が薄いところが気に入った。ひと家族限定でグルキャンがないので総じて静かである。規則はいろいろ厳しいが、それを守れる人が来ているので、現地でうるさく言われることはなかった。それからいつも思うことだが、サイトにあてがってもいいようなスペースを自由広場にしてくれるのはいいキャンプ場だ。こちらもかなりのスペースをとってくれている。利益よりもキャンパーを優先させてくれている感じがして印象がいい。それも含め、エントリーキャンパーには最適なところだと思う。レンタルも充実しているし。だからか、キャンプズレした人があまりいなかった(私の主観)。

クリオフィールド-2

それから今回受けた嬉しいサービス。って別に個別に受けたものではないのだが、3連休ということでチェックインの混雑を解消すべくチェックインは11時からOKとなっていた(通常は13時から)。普段は抵抗感を持っていた事前振り込みも(やはり繁盛期の混雑緩和処置の一環)、このときは実利があって良いと思った。
秋は日が短いので、食事の支度も食べるのも、子どもを寝かしつけるのも早めに早めになる。そのおかげでむしろゆっくり出来る。来年も学校行事が何もないといいな。

クリオフィールド

地面:芝生でペグは刺さりやすい。多分水はけもいいと思う。
トイレ:洋式でウォシュレットなし。
水場:きれい。お湯が出る。
ゴミ:捨てられる。
お風呂、シャワー:シャワーあり。
バンガロー:あり。
グルキャン:NG。一家族限定。
東京からのアプローチ:上信越道 碓氷軽井沢ICから1時間かからない程度。関越道沼田IC経由だと、
買い物:ロマンチック街道のキャンプ場から5分ほど軽井沢側のサニープラザ内に「スーパー大津」がある。ただし期間限定営業のようで、2017年だとGWから10月中旬までだった。
アーリーイン/レイトアウト:有料で出来るが、500円/1時間とちょっとお高め
アクティビティ:広くて遊具もある「自由広場」あり
良いところ:高規格ながらサイト自体は整いすぎておらず、自然に浸れる雰囲気
おしいところ:場内に自由広場は以外のアクティビティがなく、小学校高学年あたりだと厳しいかも。

クリオフィールド-8

https://www.cliofield.clio.co.jp/index.html


スポンサーサイト

みどりの村キャンプ場

みどりの村-9

行った日
2017年7月

7月末の週末、群馬方面でのレジャーの帰りに「みどりの村キャンプ場」で泊まることにした。レジャー場所から近いところということでネットで探し当てるまで、このキャンプ場を知らなかったのだが、行ってみたら中々の高規格だった。

みどりの村-5

場内はよく整備され、トイレ+シャワー棟もきれい、雨の日に便利なBBQ棟もある。アスレチック広場やミニ牧場、足を伸ばせば釣り堀もあり、子どもたちの遊ぶ場所も充実している。区画サイトは背の高い垣根で仕切られプライベートは保たれ、すべて水道と電源付き。公称10×10mよりも実際は広い感じで、設営時のレイアウトも困らなさそうだ。

みどりの村-11

道を隔てて山側と谷側に分かれるが、谷側からの眺めはなかなかのものである。
みどりの村-8

全体の作りとしては管理棟やBBQ、アスレチックの広場ある付近と、バンガローやログハウスのあるエリア、そしてオートキャンプサイトの3つのエリアは別物?と思ってしまうほど高低差が激しい。アスレチック広場からオートサイトに戻る登りは、思わず車を使いたくなるほどだ。

みどりの村-7

と書きつつ、実は今回は雨だったのでバンガローに泊まった。布団付きで建物自体もきれいで申し分ないのだが、区画サイトより微妙にスペックが低い。電源も水道もなく、トイレや水場に行くのに結構な坂を上らなければならない。また周りにタープを張っていいとのことだったが、我々がる場所も苦労したし、バンガローなのに区画サイトとわずか2000円しか違わないが、それは正しいと思う。というか、それでもリーズナブルだ。

みどりの村-10

ちなみにここにはフリーサイトもあって格安なんだけど、傾斜が大きくテントを張るのに苦労しそうな感じ。そういう意味でこちらも適正な価格なのではないだろうか。
今回はバンガローにして正解だったけど。今度あらためて区画サイトに泊まってみたいかも。

みどりの村-2

地面:芝生、、。がはげて、ほぼ土。ペグは刺さる。水はけは悪くはなさそう。
アクティビティ:アスレチック広場に小川、ミニ牧場と充実している。が、区画サイトからそこまでは距離も高低差もあり、。
トイレ:半分が和式、半分が洋式で、洋式はウォシュレット付き。きれい。
水場:きれい。
ゴミ:分別して捨てられる。
お風呂、シャワー:シャワーあり。
バンガロー:あり
グルキャン:OKだが、区画サイトはきっちり区画されているので、多数のグループだとレイアウトに困りそう。
東京からのアプローチ:関越自動車道 渋川伊香保ICから30分くらい。
買い物:国道353号線にとりせん子持店、ベイシア渋川こもち店などがある。県道36号線沿いには全くない。
アーリーイン/レイトアウト:出来る、という噂。
良いところ:高規格。子どもの遊び場が多い。
おしいところ:エリアごとの高低差が大きく、移動が大変。

みどりの村

http://www.takayama-kanko.jp/midori/index.html

ファミリーオートキャンプ場そうり

そうり

行った日
2017年7月

アプト式に乗った昨年に引き続き、今年も7月の3連休は《鉄》キャンプ。わたらせ渓谷鐡道のトロッコ列車を目当てに、「ファミリーオートキャンプ場そうり」で幕を張った。近くの沢入(そうり)駅(歩いて20分程度)から、行きは1両編成のディーゼルカーでこれはこれで楽しめる。水沼駅で降りて、隣接する温泉で湯に浸かった後に、帰りはお目当てのトロッコ列車。湯上りの火照った体に風が気持ちよく、缶ビールを買わなかったことが悔やまれてならなかった。

そうり-渓谷鉄道

それはそれとしてキャンプ場のレビューだが、中々の高規格。設備はキレイで区画サイトはすべて電源付き、水場、トイレの数も多く、ジャブジャブ池は期間限定で釣り堀となり、流しそうめん、近くの「沢入国際サーカス学校」の生徒によるナイトショーありと、アクティビティも豊富だ(いずれも参加しなかったので写真なし)。

そうり-7

自己責任で遊ぶ川は、「ザ・川」という感じで遊び甲斐がある。浅瀬あり、泳げる深いところあり、飛び込める岩まである。ここまでたどり着くのがちと面倒だが、苦労した分、楽しめる。

そうり-6 そうり-5

運動場も隣接しているので子どもたちもサッカーやキャッチボールも出来るし、周りはばっちり緑なので、目も癒される。駅近という立地のみで探し出したわりに、いい選択肢だった。
今回は6家族のグルキャンで料理にも凝ったし、正統派キャンプ(?)を存分に楽しめた。

そうり-4


地面:基本芝生。ペグは刺さる。雨が降らなかったので水はけ不明だが、悪くはなさそう。
アクティビティ:川((自己責任)、ジャブジャブ池、運動場。この他期間限定のイベントあり。HPに情報があまりアップされないので、気になるなら電話で聞いてみてもいいかもしれない。わたらせ渓谷鉄道はトコッロ電車には事前予約が必要。
そうり-8
トイレ:ウォシュレット付き、綺麗。
水場:きれい。数も多い。
ゴミ:分別して捨てられる。
お風呂、シャワー:シャワーあり。
バンガロー:あり
グルキャン:OK。
東京からのアプローチ:北関東道太田薮塚ICから1時間くらい。
買い物:スーパーとしては大間々のフジマート大間々店が一番近い(キャンプ場まで30分程度)。ICからの経路から少しそれるが、アバンセ浜松町店は24時間営業で便利。また車で5分程度の草木ドライブイン内にヤマザキショップがあり氷などカンタンな買い物ならここで済ませられる。
良いところ:高規格。
おしいところ:川までたどり着くのが少しだけ大変。川原も遊び用には整備されていないので、小さな子ども連れて行くには注意が必要かも。

そうり-1

https://www.souri-fac.com/


サンコーハルナパーク

サンコーハルナパーク-12

行った日
2017年5月

今年のGWは群馬県のサンコーハルナパークへ。まだまだ夜は冷え込む季節、電源はあるものの緯度と標高の高さに不安を覚えつつ、「パン作りが体験できる」の謳い文句にひかれた。
高崎市街から榛名湖へ通じる県道126号線をうねうね進み、林道に逸れて5分ほどでキャンプ場の入り口に。そこからさらに急坂を100mほど登り、傾斜が少しゆるくなったところに管理棟が現れる。サイトはこの坂の両側に展開されており、段差と木でプライベート感を保つ。開放感はないが、代わりにただし場所によってはサイト内にも段差があり、幕の大きさによってはレイアウトに困るかも。今回我々にあてがわれたのは18、19番サイト。水場のすぐ下で便利だったのと、18番は少し広めで余計な段差もなく、使いやすかった。

サンコーハルナパーク-11

という感じで、基本は区画サイトだが、管理棟下にあるフリーサイトは4~5グループで貸し切るのに良さそう。HPには「車は駐車場に置いて」とあるが、このときは横付けしていた。また奥の林間フリーサイトは「ボーイスカウト等のグループにおススメ」とあり、逆に言えばファミキャンにはあまり向かないかも。重い荷物を50mほど運ばなければならず、それなりのアップダウンもある。たどり着いた先にテントとタープを同時に張れる場所があまりない。

サンコーハルナパーク-13

で、ここのウリのパン作り、12個出来上がって3,500円は、パン1個あたりで割るとお高いかもしれないが、小学生2人分のお教室代も入っていると思えばこんなものはないかと。何よりも釜から出したばかりの本当に焼きたてパンが食べられる機会はほとんど無く、貴重な体験が出来る。

この他の場内アクティビティだが、沢は楽しいけど小学生高学年を長時間にわたり満足させるものではなく、ボール遊びが出来るはずの自由広場や川原は、混雑ゆえにテントサイトやBBQに使われ、子どもたちはちょっと不満げだった(多分ハイシーズン以外はちゃんと遊べると思う)。
サンコーハルナパーク-18

なのでクルマで榛名湖、それから近くにある榛名高原釣り堀センターに出かけることになる。いずれも楽しかったのだが、3時くらいまでお酒が飲めなかったのは寂しかった。
サンコーハルナパーク-釣り

しかし今年のGWはいつにもまして快適だった。例年になく天気が良く、心配された夜の寒さは、少なくとも凍えることは無かった。

地面:土というか、当日は地面が乾いていて砂っぽくなっていた。ペグは刺さりやすい。今回は雨が1mmも降らず、水はけは不明。
アクティビティ:パン作りと沢。クルマで5分のところに釣り堀(榛名高原釣り堀センター あり
トイレ:基本和式で、洋式は中腹に男女とも1つのみ(ウォシュレット付き)。
水場:きれい。
ゴミ:分別して捨てられる。
お風呂、シャワー:シャワーあり、使い放題。
バンガロー:あり
グルキャン:OK。
東京からのアプローチ:関越自動車道 前橋IC、駒寄スマートICから40分。ただし前橋IC、高崎ICからだと50分くらい。
買い物:キャンプ場に一番近いのはフレッセイ箕郷店、とりせん箕郷店。この他高崎玉村スマートIC近くのフジマート中居店は朝5時からやっている。
良いところ:全体的に林間サイトであり、実際の広さよりもスケール感があり、多分夏は過ごしやすそう。パン作りは確かに高いが、でもおすすめ。
おしいところ:地面が砂っぽくて、道具や足がすぐ汚れる。トイレは汚くは無いがもう少し清掃してもらえると嬉しい。

サンコーハルナパーク-14

http://www.harunapark.com/

くりの木キャンプ場

くりの木

行った日
2016年10月

1ヶ月ぶりとなった10月上旬キャンプのテーマは《秋の夜長を楽しむ》。利用経験ありキャンプ場での幕営が4回続いたので、次は新規を訪問したいとの欲望がむくむく起きた。次男坊の「直火が出来キャンプ場がいい」とのリクエストもあり、キャンプムックで夜景がきれいなキャンプ場として紹介されていたくりの木キャンプ場に出撃した。

といってもどこでも夜景や直火が楽しめるわけではなく、またサイトによっては4駆でないアプローチできない場所もある。つまりキャンパーにより選択肢が限られるわけで、2WDの我が家は、必然的に《草木で夜景の一部が隠れ》てしまう東の高台オートサイトを選ぶことになる。
くりの木-サイト

でも結果的にはここで正解だった。確かに夜景は木々の間からのぞく感じになるが、それはそれで味わい深い。それよりも管理棟が近いという利便性が重要だ。水汲みもそうだが、特に子どもたちにとってトイレが近いのは大切だ。

くりの木焚き火

ところでここは2012年にオープンした、オーナーがこだわりを持って作った(と思われる)、キャンプ場。統一感のあるセンスのいい設備も含めて、場内全体からポリシーが感じられる。HPから受け取るイメージに反して全体的にコンパクトだが、サイトを作りすぎていないので狭さは感じられない。というか一部を除き隣のサイトとの間が結構あり、点在している様が心地よい。
くりの木-サイト2

1グループがひっそり楽しめる作りとなっており、なので全体的にとても静か。場内に響くのは我が家の息子どもの声のみで、それが恥ずかしく申し訳なかった。
それはそれとして、サイトの選択肢や子ども向けアクティビティの少なさなど、使い方はちょっと難しいが、うまくはまれば素敵な時間が過ごせるキャンプ場だと思う。

次ぎ行く管理小屋前かな。何より夜景が絶景だ。その名のとおり管理棟の真ん前で、みんなから見られることも含めプライベート感は無い。が、田舎の大きな家の庭でテントを張らせて貰っているといった雰囲気があり、そこがちょっといい感じだった。
管理棟前

アクティビティ:残念ながらほとんど無く、自由広場を開拓中だった。訪問時点(2016年10月上旬)ではブランコくらいしかないが、これがなかなか素敵で、我々夫婦は「ハイジのブランコ」と名付けた。
トイレ:洋式水洗で、きれい。デザイン性も高く、新しいこともあり、今までの中で一番きれいだと思った。ただしウォシュレットはない。
水場:管理棟隣接に隣接する小屋の中にある。こちらも作りがおしゃれだし、椅子とテーブルもあって、簡単な調理のものならここでも食事が取れる。小屋の中心に薪ストーブがあり、お湯は出ないかわりにここでお湯を沸かせるので便利。
ゴミ:捨てられない。
お風呂、シャワー:なし。
バンガロー:あり
グルキャン:基本NG。ただし「過去にご利用した事があり、キャンプ場の雰囲気をご理解いただける」場合のみ可能だそうな。
東京からのアプローチ:関越道で一番近いのは赤城ICだが、ここまで急坂を登ってICを出た後は同じくらい下らなければならない。渋川伊香保ICからでもそう遠くないので、こちらで降りたほうが平和かも。
買い物:渋川伊香保ICからであれば、地場スーパー・とりせん子持店、ベイシア渋川店が便利。また道からちょっと外れるが、西友入沢店は24時間オープンなので便利。赤城IC付近は探検していないが、あまり栄えていない印象。
良いところ:とにかく雰囲気がいい。山の高台にサイトがひっそりと点在しており、まったりするには最高ではないか。あと施設がいちいちきれいでおしゃれ。
おしいところ:ちょっとサイトが狭いかな。全体的な雰囲気も含め、ビギナーファミリーではなく上級者向きかも。

くりの木ハイジ

http://c-kurinoki.com/index.html

プロフィール

キャンプ好きのおやじ

Author:キャンプ好きのおやじ
ファミキャンで、年に10泊程度しています。

最新記事
カテゴリ
訪問者
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR