野宴鍋30(スノーピーク)

野宴鍋-3

2017年3月に購入

ウチの奥さんは昔からダッチオーブンを欲しがっていた。で、最近ただで手に入るチャンスがあったのだが、僕がそれをみすみす見逃して大目玉を食らう。その代わりにと奥さんにプレゼンし、手に入れたのがこれ。実は僕が一目ぼれしていたのを奥さんに押し付けた形だ。実用性重視の円筒型キャンプ用鍋よりデザインが良いし、軽いし扱いやすい。肉うすなので大きさの割りに内容量がある(ダッチオーブンの10インチと12インチの間くらい)。14,800円という値段は鍋と考えたら高いがスノーピークの商品だと思うと、お買い得と思ってしまう(まさにスノピマジック!)。

野宴鍋-2

確かにダッチオーブに比べレパートリーに劣るが、鍋料理、煮込み料理はいっぱいある。まだシーズンが始まったばかりだが、これを買ったおかげで、奥さんとの「次は何を作る?」という会話が多くなった
ちなみに最後の口説き文句は「しゃぶしゃぶが出来る」。土鍋風のフォルムは家族で囲むと雰囲気が出るし、各々が好きに手を伸ばせる。買ってから3回キャンプに行って、しゃぶしゃぶの他にブイヤベース、丸鶏ラーメン、塩もみ大根鍋を作ったが、毎回焚き火台に乗っけて炭火で調理、そのままみんなで囲む。作っている時も子どもたちと鍋を囲んでいるので、彼らのわくわくが伝わってくる。やっぱり鍋は家族団らんでいい働きをする。

野宴鍋

ところで、野の宴の鍋と書いて「野宴鍋(やえんなべ)」はすこし紛らわしい。知り合い夫婦の奥さんがうっかり夜宴鍋と変換ミスしたのはご愛嬌として、その旦那さんが違うとばかりに「野猿鍋」と訂正してきたのは笑った。いったいどんな料理を作れというのだろう。

https://store.snowpeak.co.jp/page/124


スポンサーサイト

アジャスタブルグリル(ハイマウント)

アジャスタブルグリル-1
2014年6月に購入

車の積載量という事情で火器はシングルバーナーである我が家は、五徳問題で奥さんからクレームが出ていた。大きい鍋をかけるときにグラグラして危ないと。

そこでスタンドを買おうとお店に出かけたが、結構これというものがない。持っていたSOTOバーナーのバーナー(ST-301)はロースタイルで、
SOTOシングルバーナー
高さが合うものがなかったのだ。で、ネットで調べまくってヒットしたものがこれ。高さ調整が出来るので、複数種類のバーナーに対応可だし、風防も付いていて使い勝手もよい。地味だけど中々いい買い物だったと思っている。

アジャスタブルグリル

http://highmount.jp/list/product/adjustable-grill/

チタンカフェプレス 3カップ(スノーピーク)

カフェプレス-3
2016年8月に購入

かつてはキャンプにはまり始めた頃はさほどコーヒーに興味が無かった。が、グルキャンだとたいてい誰か淹れてくれる人がいて,
その度にご相伴に預かる。そうしているうちにコーヒーのないキャンプを寂しく思うようになってきた。ソロファミでも飲みたいと、一度家に転がっていた結婚式の引き出物のエスプレッソメーカー(正式にはマキネッタというらしい。知らなかった)を持っていったもの、1回で1杯しか淹れられないし、コーヒー粉もそのたびに入れ替えなければならない。かつ何となく見張っている必要がある。キャンプはのんびりすることが目的の自分にニーズにはちょっと合わない。
やっぱり買おうということで、見つけたのがこちら。

カフェプレス-1

お湯を沸かして3杯分取れるということは、1回で奥さんとシェアできる(これ大事)。
マキネッタで同じ杯数を欲すれば、その構造上大きめになってしまう(そうじゃないのもあるけど)。パーコレーターも考えたけど、こちらの方がより手間がかからない。で、チタンの素材感がいい。うん、いいこと尽くめだ。ちなみに僕は味にこだわれないので評価できませんが、「ペーパーフィルターでは吸収されてしまう油脂も楽しめる」「パーコレーターのように香りが飛んでしまわない」などと、ネットでささやかれているよう。

気になるとしたらコーヒーの粉(微粉というらしい)がカップ内にそこそこ流れ出てしまうこと。しかしどこぞのブログによると、①そもそもこういうものであり、②粗めに挽いた粉を使い、③気にしない、というのが正しい態度のようだ。

カフェプレス-2

https://store.snowpeak.co.jp/page/122


Eureka! Parawing 550x550x400(ヨーレイカ)

ヨーレイカ-3
2016年3月に購入

最初に買ったコールマンのヘキサライトⅡもいい商品だったが、撥水性も落ちてきたし5年も使ってそろそろ飽きてきた。ということで「まだ使えるのに!」と言う奥さんの白い目を気にせずに、新品を買うべく①ヘキサライトより大きい、②だけどやっぱりコンパクト収納、③テントにあわせた白系統の色、④で、そんなに高くないもの、という条件で、ヒマを見つけてはググりまくった。いや~楽しかった。やはりキャンプ道具は幕を買うときが一番興奮する。タトンカとか知らなかったメーカーがヒットしたり、MSRやヒルバーグなどお高いブランドも、タープなら何とかなるとか思っちゃったり。
で、最終的に選んだのがヨーレイカのパラウィングタープ 。ちなみに「ヨーレイカは」英語では最後に「!」が付く。
ヨーレイカ-ロゴ

米国のメーカーで、一時期はエバニューが日本での代理店だったようだが、現在は撤退しており、今回はアマゾンで買った(並行輸入)。テントに引き続きメジャーどころに行かなかったが、自分に使い勝手のいい物を探し出しただけ、別にニッチなところを狙っているのではない。なんだかんだ言って1万円台とお買い得だったのが決め手だったりするのだ。

で、感想。
まず大きい。ヘキサライトより縦が1m30cmほど長く、食事テーブル+調理台を十分おける広さ。
ヨーレイカ
2~3家族ぐらいならこれ一つで大丈夫。
それから前後の幅が違うので、張り方に工夫が出来る。今気に入っているのが下の張り方。って写真の腕が悪くて分かりづらいか、シルエットがカッコいいし、幅の狭い方を下げることで、なんとなくプライベートも確保できる。
ヨーレイカ--4

それから色だが、HPで見るよりきれなベージュで悪くない。遮光性を考えると暗い色の方が良いのかもしれないが、明るい色は空の下で映える。日差しが強い日に張ったら評価が変わるかもしれないが、今のところはこちらも満足。
そして何より人とかぶらないのがいい。って、やっぱり僕ってばレアモノ好きなんだな、、、
ヨーレイカ--1

ちなみにこちら、ポールは付いていない。他の購入者の口コミを見ると「木製ポールを自作」との書き込みが見えるが、ヘタレな僕に作れるわけがないので、ヘキサライトで使っていたもの(220cm)を流用しつつ、ロゴスのプッシュアップポール(250cm)を買い足した。前後ろで幅が違うことので、広い方を高くすることでアクセントをつけている。
あとは僕が頑張って、もうちょっと格好よく張れるようになろう。

フレックスウォーターキャリア6L

m_c_1124602_dkbl.jpg

2016年6月に購入

ポリタンクはジャグとともに中が空洞で、運搬時は中の空気を運でいるようなもの。クルマのサイズ的にコンパクト化を余儀なくされている我が家には重荷の存在だ。ということで、最初はホームセンターの防災コーナーで売っているソフトのタイプを買ったが、置いた状態では不安定で扱いづらいので、ハードタイプ(?)のポリタンクを使用している。
だけどやはり積荷のときに場所を取るので、良いのがないかいろいろ探してみた。

例えばシートゥサミットのパックタップは、水を出す間中片手を押さえてなければならないようで、それだと手が洗えない。
シートゥサミット

MSRのドロメダリーバッグだと、別売りの専用キャンプがあるらしいが、こちらは素材の関係で水に臭いがつくらしく、料理には使いにくい。
MSR.jpgMSRキャップ

う~ん、どれも帯に短しタスキに長し。
と悩んでいた春に、本屋で立ち読み中にキャンプムックでこれを見つけたときは小躍りした。6月発売とのこと、早速モンベルショップに電話して予約、先日やっと手元に来たので、キャンプに持っていった。

感想。
この収納時のコンパクトさは感動的。他のコンパクトタイプと違い、テーブルにそのまま置けて水を出しっぱなしに出来るという点で、使いやすいし。やはりポリタンクに比べて使い勝手に難はあるが、それを差し引いてお釣りがくる(と僕は思う)。
ということでいい買い物をした、が結論。
DSC_0027.jpg

ちなみに使い勝手の難というのは
・素材は丈夫そうだけど結局はビニールなので片手でぶら下げて持つのは不安。なので、両手で持ってしまう。
・上のジッパー部分はピタッと閉まらないが、ここは使うときに巻くので大きな問題はない。
・ポリタンクに比べたら安定性はやはりよくない。そのままにしておけば問題ないが、子どもがいじったら、くにゃっとなってしまった。
・6Lという内容量はグルキャンだと微妙。ソロファミであればさほど不便ではない。
モンベル-1

・注ぎ口は先っぽを手前に引っ張る。固いので片手では開放しにくい。
・出てくる量がちょろちょろといった感じ。でもまあポリタンクになれた身には不満だが、手を洗うには充分だし、勢いが欲しいときには上から押さえつければそれなりに出るようになる。むしろ無駄に出さずに済むか。
モンベル-2

正直、使用中は多少の不満が出るかもしれない。収納のコンパクトさは我が家には強い味方になるが、クルマのスペースに余裕がある人は、わざわざ買う必要はないかも。

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1124602


プロフィール

キャンプ好きのおやじ

Author:キャンプ好きのおやじ
ファミキャンで、年に10泊程度しています。

最新記事
カテゴリ
訪問者
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR