FC2ブログ

椿荘オートキャンプ場

椿荘-3

行った日
2019年8月

本当は電車キャンプを敢行するはずで、金曜日に休みを取った。が、あいにくの雨予報。中止も考えたが、せっかくの平日休みなので気を取り直し、オートキャンプに切り替え。昨年行って気に入った椿荘を目指すことに。決断した時点で10時を過ぎていた。

椿荘-20

平日は都内近辺を抜けるのに時間がかかる。特に保土ヶ谷バイパスでいつもの3倍の時間がかかったおかげで、9時に出たのに結局着いたのは1時過ぎ。まあ途中に寄り道もしたが。受付をすませ、キャンプ場に到着すると、遅い時間なのに、先客は5組程度。

椿荘-17

ここは昨年の6月に行って以来の2度目だが。そのときは到着が遅くて選択肢がなく、入ってすぐの広場サイトに設営した。そちらも悪くはなかったのだが、せっかくなので川と林間がもっと感じられる場所にも張りたいなと。空いている平日は選び放題である。

椿荘-18

しかし改めて、いいキャンプ場である。人里から少し入っただけなのに自然度が高い。沢のせせらぎとうっそうとした林が夏の暑さを忘れさせてくれる。施設が程よく整っていて、腰が引けてしまうようなワイルドさはない。

椿荘-1

基本はフリーサイトながら、西の森は木々と段差でうまく区分けされ、ソロからグルキャンまでプライベート感を保ちながら設営が出来る。今回は3グループくらいで使えそうな場所で幕営。平日キャンプに付き少しわがままに使わせてもらった。

椿荘-6

ご飯はあまりやる気なし。もともとが電車キャンプのつもりであり、鍋すら持ってきていない。お昼ごはんは弁当だったりカップラーメンだったり。

椿荘-16

で、いきなり飲み出す。あてはスーパーで買った浅漬けに、次男坊のB6君を借りて鶏もつ、ハタハタなどを炙る。

椿荘-15

その間、次男坊は焚き火タイム。

椿荘-21

ここを選んだ理由のひとつは、直火が出来ること。次男坊の好物だ。しかし前回もそうだったけど、みなさんマナーが良いようで、直火の痕跡が見当たらない。我々もそれを見習って、今回は灰を片付けやすくすべく、お掃除ラクチンシートを地面に敷いた。

椿荘-19

いい感じで酔っ払ってきたところで、というか本格的に酔う前に、お風呂は紅椿の湯まで15分歩いていく。
夜は再びB6君で、今度は牛肉を焼く。

椿荘-10

翌朝は土曜日で、9時頃から続々キャンパーが入場してきたが、11時までにチェックアウトすればいいということで、あまりあわてず撤収。周りはグルキャンが楽しそうに設営していて、ちょっとだけうらやましかったかも。

椿荘-13

http://tubakiso.com/canp/canp.htm

スポンサーサイト



椿荘オートキャンプ場

椿荘-1

行った日
2018年6月

毎年の恒例行事がいくつもある我が家、6月は必ず勝沼にさくらんぼ狩りに出掛け、その後には当然幕を張りに行く。今回は椿荘オートキャンプ場、久々の道志開拓だ。

さくらんぼ狩り

次男坊が大好きな直火ができるということで選んだのだが、行く前に我が家でHPの印象などからワイルド疑惑が持たれていた。何せヘタレなもので、自然が行き過ぎると気持ちが折れてしまうことがある。
一抹の不安を抱えて訪れたわけだが、すぐに心の中で謝ることに。きちんと整備されているいいキャンプ場じゃないの。トイレも水場もキレイだし。

椿荘-6

でも森の中に包まれているので自然は大いに感じられる。多くのサイトは段差と木をうまく使っておりプライベートが保たれる。全体的なスケール感はさほどないが、狭さも感じない。沢もそれなりに遊べる。いろいろな意味でバランスが取れたキャンプ場である。
ちなみに広場サイト中心の中央の森と段差を生かしてプライベート感を保つサイトが多い西の森はほとんどくっついていて、北の森は道を1つ挟んでいる程度。南の森はちょっとだけ離れているかな、くらい。

椿荘-8

こちらは椿荘という旅館が経営していて、受付はその旅館となる。で、そこから車で3分ほど奥に入ったところにサイトはあり、つまりキャンプ場内に管理棟がない。それに加え直火OK。にもかかわらずサイトが荒れていないのは、人が少ない平日にしっかり整備しているのか、それてもキャンパーのマナーがよいからなのか。穴場ではないだろうがメジャーというほどでもなく、はしゃぐような人はあまり来ないのかもしれない。

椿荘-2

残念だったのは、今回あてがわれたのが駐車場っぽいサイトだったこと。でも我々が11時半に着いたときにはかなり埋まっていたからで、入れてもらえただけでありがたいと思わなければいけない。それに2サイト分の場所を隣がこなかったので広めに使わせてもらったし、贅沢いってはいけない。
そまれぜひ次は朝一から訪れて、西の森に張りたい。
リピートする気満々である。

椿荘-5

地面:砂利。ペグはいい感じで刺さる。
トイレ:中央の森、西の森は洋式でキレイ。ウォシュレットあり。南の森は簡易トイレ(でもキレイ)、北の森は無いらしい
水場:きれい。
ゴミ:生ゴミ以外は捨てられない。
お風呂、シャワー:場内にはなく、歩いて10分ほどの椿荘か、15分ほど行けば(その代わり坂道なので覚悟が必要)日帰り施設「紅椿の湯」がある。キャンプ場の領収書を持っていけば、大人1000円→600円、子ども500円→300円になるので忘れずに。
バンガロー:なし。
グルキャン:可能。
東京からのアプローチ:東名→圏央道で相模原ICで降りて、後は道志道へGO。
買い物:道志道入り口のマルエツ三ヶ木店が一番近い。道志道にスーパーはない。
アーリーイン/レイトアウト:連休やお盆以外できる。むしろ早く入ったほうがいい場所に張れる。
アクティビティ:沢遊び、直火
良いところ:全体的にバランスが良い。直火ができる。
おしいところ:いくつかある広場サイトは、ファミソロではちょっと趣きに欠けるかな。

椿荘-7

http://tubakiso.com/canp/canp.htm

プロフィール

キャンプ好きのおやじ

Author:キャンプ好きのおやじ
ファミキャンで、年に10泊程度しています。

最新記事
カテゴリ
SUP (6)
訪問者
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR