FC2ブログ

青野原野呂ロッジキャンプ場(2021年3月)

野呂ロッジ-看板

行った日
2021年3月

春休みに、土日が忙しい長男の平日接待キャンプを敢行。

翌日早めに帰りたいこともあり近場で、かつテント泊が嫌いな長男に忖度してバンガロー、という条件では選択肢も狭く、3年前に訪れた青野原野呂ロッジへ。
前回のイメージが良くいずれ再訪したいと思っていたので、いい機会だった。

野呂ロッジ-6

当日は午前中に所要があり、出発は2時前。かつ途中渋滞につかまり、到着は2時間後。
チェックイン後すぐに、持って行った会社のPCを立ち上げる。一応休みは取ったものの、やらなければいけない仕事があったので。こちら、Wi-Fiが飛んでいるのだ。わが社にワーケーションが導入されたら、こちらにひと仕事しに来るか。

野呂ロッジ-PC

その後、食事場所としてあてがっていただいた河原の区画で設営を始める。実は今回は新幕をデビューさせるという裏の目的もあった。ワンティグリス「ROC SHIELD Bushcraft Tent」の初張りだ。
1枚もののウィングタープと違い、パップテントは張るのにコツがいる。戸惑っているうちに、長男さまのお腹の虫もが騒ぎ出す。

野呂ロッジ-1

ここまであわただしかったが、彼の食事の希望は「おでん」、スーパーで売っているパックのものを鍋に放り込むだけにしたので、手間はかからない。いい選択肢をくれてありがとう。

野呂ロッジ-3

あとやはり接待には肉、ということで、近所のスーパーで買った横にも立つポンド肉を焼く。

野呂ロッジ-2

そのうち暗くなり、さあ親子の語らいの時間だと。言いつつ、長男は8時頃に友達とLINE通話をしてくると、「一旦」バンガローにこもり、でもそのまま寝落ち。で、親父も久保田酒造で買った日本酒に気持ちよく良い、椅子で寝落ち。困った親子だ。

野呂ロッジ-8

ところで一昨年10月の台風で、キャンプ場も多く被害を受けた。他の道志川キャンプ場と同様こちらも大きな被害があり、シンボルだったヘリコプターは無くなっていた。他、爪痕を感じさせるところもあるが、こうしてキャンプが出来るほどに復興されたのはありがたいことだ。

野呂ロッジ-5

翌朝。久々のすがすがしいキャンプ場の朝の空気の中でコーヒーを飲みたかったが、今回は用意しておらず。朝ごはんは実は寝落ちしながら仕込んでいたベーコンを焼く。初のソミュール液仕込みだったが、なかなかうまくいった。自分史上最もおいしかったかもしれない。

野呂ロッジ-4

と、期待したほどコミュニケーションを取れなかったが、長男は「楽しかった」と言ってくれたので、良しとしよう。

野呂ロッジ-7

https://norolodge.com/

スポンサーサイト



青野原野呂ロッジキャンプ場

野呂ロッジ

行った日
2018年6月

今年2回目の道志は、入り口に青野原野呂ロッジへ。“青野原3兄弟”の中で一番メジャー度に欠けるここを目的とした理由は、イベントSUPだ。一昨年前から我が家にプチブームが来ているSUPが、ボードを買うには高く(車にも載らないし)、レンタルをしてくれるキャンプ場も少ない。ので、毎回体験ツアーを探しては参加しており、年1回だけここで実施されるのを、昨シーズンから目をつけていた。

野呂ロッジ-8

SUPはこれまで湖ばかり、川は今回が初めて。狭いところをぐるぐる回る感じだったが、流れに乗ると早く進んで楽しく、いつもよりいっぱい漕いで、とても楽しかった。

野呂ロッジ-4

沿岸にたくさんのキャンプ場がある道志川は、シーズン最盛期になると栄養豊富にはなってしまう記憶があったが、この日は春と夏の狭間だからか、きれいに澄んでいた。川の上から眺める景色は川と緑と山に囲まれ、外界と遮断された非日常感は僕の好きなサイレントリバーと似ていて好感が持てる。
野呂ロッジ-3
が、重機が目に入る位置に鎮座しているのは、少し興ざめかも。
野呂ロッジ-7
あと作りは駐車場サイトっぽく、かつ個々がそんなに広くない。今回は広めに使わせていただいたが、繁忙期のファミキャンは肩身が狭くなると思う。
野呂ロッジ-1

などと細かいわがままを列挙してしまったが、東京から1時間半かからないロケーションは魅力的である。
ちなみに今回、奥さんはSUPのみの参加で、初めて次男坊と2人でお泊り。デュオ料金が設定されているのでリーズナブルに泊まれた。夜は息子と語り合う気満々だったが、SUPの疲れか、彼は早々に寝てしまった。
置き去りにされた父ちゃんは、一人さびしく焚き火酒、である。

翌日曜は10時過ぎから太陽が顔を出す。息子にせがまれしばし撤収の手を止め、川遊びに付きあう。ここの川はSUPをしなくてもそこそこ楽しめる。

野呂ロッジ-5

地面:砂利。の下に固い何かがある。ソリステですら入っていかない。鉄板でも埋まっているのか?
トイレ:男子用小が1つ、和式男女各1に、共用の洋式が1つ。洋式が少ない気もしたが、並ぶことはなかった。
水場:きちんと清掃されている。
ゴミ:捨てられない。
お風呂、シャワー:シャワーあり。
バンガロー:あり。
グルキャン:可能。
東京からのアプローチ:東名→圏央道で相模原ICで降りて、後は道志道へGO。
買い物:道志道入り口のマルエツ三ヶ木店が一番近い。道志道にスーパーはない。
アーリーイン/レイトアウト:ともにデイキャンプの入場料の半分で(大人250円、子ども150円)で可能。
アクティビティ:川遊び。そこそこ遊び甲斐がある。飛び込み岩が名物。
良いところ:近い。あと全体的にバランスが良い。直火ができる。
おしいところ:駐車場サイトで、個々が狭い。空いているときは広めに使わせてもらえるが、繁忙期はツラそう。

野呂ロッジ-6

http://norolodge.com/


プロフィール

キャンプ好きのおやじ

Author:キャンプ好きのおやじ
ファミキャンで、年に10泊程度しています。

最新記事
カテゴリ
SUP (6)
訪問者
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR